人形劇「さるかに合戦」たまプラーザ公演で感じたこと。

昔の写真

上の写真は、20年前横浜人形の家公演のリハーサル中の写真です、 白黒写真で時代を感じます。


みなさん こんにちは、
きょうも涼しい一日
でしたね。

今回のたまプラーザ
人形劇公演は、
思い出深い公演に
なりました。

いつもは、用意されている
劇場なり会場で人形劇公演を
してきましたが、
今回は、受付から会場作り

すべて人形劇団くまさんでしました。
いかに今まで楽をしていたか
分かりました。

今回の会場は、手入れの
行き届いたきれいなホールで、
テープや画鋲などを一切使えない
空間だけお借りする
という所でしたので
ホリゾント幕(背景)一つ
どうして掛けるか
悩みました、

企画会社のお仕事
が少し理解出来たような
気になりました。

何でも新しい体験は
大変ですが、次にこのような
公演をする時に役立つと
思います。

だいぶ昔の話ですが、
私が、初めて劇団を
作り独立したときも
一演技者でなく、
総合的に劇団をまとめる
苦労がそのとき初めて
解りました。

今回の公演は、
音響、介添え、会場、受付と私
5人のメンバーで公演しました。
チームプレイです。

公演が無事終わった時、
試合が終わったような
気になりほっとました。

でもなんと言っても
一番嬉しかったことは
お客さんに沢山来ていただき、
公演を楽しんで、笑顔で帰えって
いただいた事です。


では また

Follow me!