あらすじ・作品の概要

フィンランドの民話です。 木こりの男の子とねずみの ラブストーリーです。 外見より心を重視して結婚を 決めた 木こりの三男と 魔法でねずみにされていた お姫様、良くあるお話しのようで ちょっと違う所が見所です。

作品の概要     森の花嫁

 

image森の花嫁

 

 

フィンランドの民話です。 木こりの男の子と
ねずみの ラブストーリーです。 外見より心
を重視して結婚を 決めた 木こりの三男と
魔法でねずみにされていた お姫様、良くあ
るお話しのようで ちょっと違う所が見所で
す。

 

あらすじ

話はお百姓の父親が、三人の息子にそれぞ
れ花嫁を探してくるように命じるところか
ら始まります。

それぞれ倒した木が指し示す方角に導かれ、
上の二人は農場で許嫁を見つけますが、森
に向かった一番下の息子が出会ったのは、
なんと小さなネズミでした。

「お前なんか数のうちに入らないよ。た
だのネズミだからな」という息子に、ネ
ズミは云います。「私を花嫁にするのよ」
と答えます。

下の息子は森で会った小さなネズミを、
その美しい歌声から花嫁にしてもいい
と思い決めます。

image ねすみ

そして父親が許嫁を見たいと云った時も、
「いいさ、笑われたって。あいつは、今
まで立派に俺の許婚の役を果たしてくれ
たんだ。俺だって、あいつのことを恥ず
かしいなんて思うまい」とキッパリ断言
するのです。

おまけに父親に会うために家を出たネズ
ミが、予期せぬ出来事によって川に落ち
たときも「ああ、可哀想に! 溺れてし
まって……。

(中略)俺はほんとにお前が好きだった
……。お前のほか、一体誰を花嫁にすれ
ばいいんだ……」と、本気で悲しみます。

許嫁のネズミは悪い魔法にかかった王女
だったのです。

森の花嫁 お姫様banner

息子は「世にも美しい」妻と王国(冨)
を同時に手に入れてお姫様の国でいつ
までも幸せにくらしました。

おわり

お気軽にお問い合わせください。045-912-7411受付時間 8:00-22:00

メールでのお問い合わせはこちら