あらすじ・作品の概要

よくご存知のドイツの代表 的なグリム童話、赤ずきんちゃんです 何も知らない女の子がお母さんの忠告 を忘れて森でオオカミにだまされてし まうお話ですが、現代にも通じるとこ ろも多くあるので楽しくまとめました。

作品の概要

little-red-riding-hood

 

赤ずきんちゃん

人形劇の代表的なお話し赤ずきんちゃんです。

ほとんどの劇団が手がけているお話しです。小さいお子さんから

高齢の方まで楽しんでいただけるお話しです。

 

ドイツのグリム兄弟が書いたとても有名なお話しです。

 

 

 

あらすじ

 

赤ずきん

おばあさんに可愛がられている女の子、いつも赤いずきんを被っていたので

「赤ずきんちゃん」と呼ばれていました。

ある日お母さんに頼まれておばあさんのところに届け物をすることになりました。

途中でオオカミに会い騙されてしまいます。

花を摘んでおばあさんのところへ行くことにした赤ずきんは道草をしてしまします。そのすきにオオカミはおばあさんのところへ行っておばあさんを食べてしまいます。

遅れて到着した赤ずきんもオオカミに騙されて食べられてしまいます。

そこに狩人が通りがかり2人を助け出します。

おばあさんと赤ずきんは助けられて安心しました。「もう二度とお母さんの言うことを忘れないわ」と反省します。

 

おはなし

むかし、あるとことに可愛い女の子が住んでいました。
いつもおばあさんの作った赤いずきんを被っていたので

「赤ずきんちゃん」と呼ばれるようになりました。

 

赤ずきんとお母さん

ある日、おかあさんは
「おばあさんが病気だそうだから、
このお菓子とぶどう酒をおばあさんの

ところまでもって行っていってと頼まれます。

 

外では道草をしてはいけないよ

と赤ずきんちゃんにいいつけました。

「はい、はい、分かったわ」といって、
赤ずきんちゃんは出発しました。

 


赤ずきんちゃんが森に行くと、
狼(おおかみ)が出てきます。

 

「どこへ行くの」
「おばあさんのおうちはどこなの」

などときかれてありのままに
答えると、

 

「そこらじゅうきれいに花が咲いてる。

おばあさんに花持ってあげなよ。きっと

喜ぶよ」と言いました。

それもそうねと赤ずきんは思い

道草をしてしまいます。

いろいろな花をさがして
森のおくへ入って行ってしまいました。

 

このあいだに狼はおばあさんの家へ

急いで行き、「赤ずきんちゃんよ」
といって家に入りひと口におばあさんを

のみこんでしまいました。

 

それから、おばあさんに化けてベッドで

横になっていました。

遅れて到着した赤ずきんは
なんだかいつもとようすが違うと思いました。

「あら,おばあさん,なんて大きなお耳」
「お前の声がよくきこえるようにさ」

「あら,おばあさん,なんて大きなおめめ」
「お前がよく見えるるようにさ」

「あら,おばあさん,なんて大きなおてて」
「お前がよくつかめるようにさ」

「なんてきみの悪い大きなお口だこと」
「お前を食べるにいいようにさ」

狼はいきなり寝床からとびだして、
赤ずきんちゃんをひと口に
のみこみました。

おなかをふくらませた狼は
寝床にもぐり、やがて、ものすごい
いびきをかきだしました。

そのとき、狩人が


通りかかって、狼を見つけます。

「とうとう見つけたぞ。長いあいだ、
きさまをさがしていたんだ」

猟師は鉄砲を向けましたが、ふと、
狼がおばあさんを丸のみしている
かもしれないと思い、はさみをだして、
ねむっている狼のおなかを、
じょきじょき切りはじめました。

すると、そこから女の子が、それから
おばあさんが出てきました。

赤ずきんちゃんは、大きな石を
はこんできて狼のおなかのなかに
いっぱい、つめました。

やがて目がさめて、狼はとびだそうと
しますが、石のおもみでへたばります。

猟師は狼の毛皮をはぎ、おばあさんは
赤ずきんちゃんのもってきたお菓子と
ぶどう酒で元気をとりもどしました。

でも、赤ずきんちゃんは、もう二どと、
森の中で寄り道はしないと
心に誓いました。

 

おわり

 

お気軽にお問い合わせください。045-912-7411受付時間 8:00-22:00

メールでのお問い合わせはこちら