人形劇「はだかの王様」の小道具のお話。

 

 

みなさん こんにちは、

きょうも一日良いお天気でしたね。

 

今日は、

人形劇団くまさんの

「はだかの王様」の

小道具のお話をさせて頂きます。

衣装

実は、人形劇の舞台裏は、

細工だらけです。

衣装 無頼裏

たとえばこの洋服も

板に棒を打ち付けたもので

下の部分は見えても良いように

黒くしてあります。

 

次は

はだかの王様の座る椅子です。

椅子

手のところが内側に向いていますが、

持ち運びを考えて、置いておくときは

平らにしてあります。

 

糸で引っ張り中心で止めてあるだけです。

椅子 開いた物

 

最後は、

はだかの王様の鏡です。

鏡

これは、素通しにしました。

本当の鏡ですと、人形がよく見えなく

なります。

このアイデアは、過去に

神奈川人形劇フェスティバルに

に出演した時、

 

劇団ひとみ座の代表だった。

須田倫太郎先生に

良いアイデアと

褒めていただきました。

 

きっとそれぞれの劇団で

いろいろな便利な物を使って

いることと思いますが。

 

人形劇団くまさんは、

自分たちで考えるのが

とても好きなんです。

 

アイデアにも愛着があります。

 

本当に人形劇は楽しいですよ。

 

では このへんで

また

 

 

 

 

 

 

Follow me!