家族と見たい人形劇「さるかに合戦」二場のお話。

さるかに1ブログ用

みなさん こんにちは、
きょうも風が冷たかったですね。
でも晴れていたので、さわやかでした。

クリスマスはいかがでしたか。
今度は、お正月が待っていますね。

前回のブログで人形の紹介を
させていただきました。

今回は第二部の背景のお話
をさせていただきます。

劇を見ていただければ
わかりますが、
囲炉裏に栗が隠れて、
水瓶に蟹が隠れるように
細工してあります。

やはり人形劇でも戦いの
シーンですから
スピード感と緊迫感を
出したいと思っています。

このお話は、できれば
家族で見ていただき、
おうちに帰ってからも
共通の話題で楽しんで
いただければと願って
います。

意外に大人の方で
お話を忘れている方
が多いんですよ。

実は、私もどんな
役者が出てくるか
忘れてました。

それもあって
日本の昔話を
子供たちに
伝えていきたい
と考えました。

私の子供の頃は
祖母が
かちかちやま
花咲かじじい
舌切り雀など
日本の民話を

寝るときに隣で
横になりながら
話して寝付かして
くれました。

懐かしい。

では また









Follow me!